水害の片づけについて

こんにちは!どらくろです。今回は『水害の片づけ』ついて話していこうと思います。最初にこの度豪雨の被害で亡くなったかた心からお悔やみ申し上げます。被害に遭われた皆様心よりお見舞い申し上げます。これ以上被害が広がらないのを願うばかりです。

皆様水害の被害に遭い片づけをしている方・またボランティアでお手伝いをしているかたに注意点があります。ゴーグルをつけたり、防塵マスクをしたり長袖長ズボンなど。↓に貼り付けていますので皆様ご確認お願い致します。

https://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

なぜこのようなことを言っているのかというとテレビで中学生くらいの子共が半袖短パンで作業している方や運動靴で作業している方を見かけました。非常に危ないです。

水害の後には泥やがれきが混じってさまざまな菌が表面に出てきます。例えば土埃となって吸い込むだけで感染したり傷口から感染することもあります。また排泄物・木材、ガラスの破片など危ないものも落ちています。最悪傷による感染症・破傷風・皮膚の発疹などを発症してしまう可能性もあります。また子供は大人より影響を受けやすく感染症や発達の悪影響もでてきますですので子供たちを守るためにも片づけに参加させないようにしてください。

もし水害の水に触ったりしたらできるだけはやく石鹸やきれいな水で洗ってください、けがをしたら応急処置と必要に応じて医師の診察を受ける必要があります。

熱中症にも十分注意してください。こまめに休憩・水分補給・塩分補給を。こういう装備を身に着けるのは難しいかもしれません。ですのでこれからきちんと知識を身に着けて片づけをしましょう。また皆さんもいつ被害が起きるのかわからないので今一緒に準備をしておきましょう。

閲覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました