ジブリ初の3DCG「アーヤと魔女」4月29日に劇場公開決定

こんにちは。どらくろです。

長編アニメ「アーヤと魔女」が4月29日に劇場公開されることが決定。併せてポスタービジュアルと特報、予告映像が公開されました。

映画『アーヤと魔女』予告【4月29日公開】

宮崎駿が企画、宮崎吾朗が監督を務める「アーヤと魔女」は、「ハウルの動く城」で知られるダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童向け小説を原作とした、スタジオジブリ初のフル3DCGアニメ作品。自分が魔女の娘とは知らずに孤児院で育った10歳の少女・アーヤがある日、奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女と怪しげな男と共に暮らすことになる話です。2020年12月30日にNHK総合で放送されました。

アニメは、オーディションで選ばれた平澤宏々路(こころ)さんが主人公・アーヤを演じ、女優の寺島しのぶさん、俳優の豊川悦司さん、濱田岳さんも声優として出演する。

当初より映画基準の映像・音響で制作されていたという「アーヤと魔女」。劇場公開に際し、一部新たなカットが追加される。さらに最先端の音響と映像技術で作品への没入感を味わえるドルビーシネマでの上映も決定した。宮崎吾朗監督は「アーヤを劇場で上映していただけるなんて、本当に幸せです。大きなスクリーンで観るアーヤは音も格別です」とコメントを寄せました。

閲覧いただきありがとうございました。ブログのフォロー・Twitterのフォローよろしくお願いいたします

コメント

タイトルとURLをコピーしました