千と千尋の神隠し初舞台化!橋本環奈と上白石萌音Wキャストで2022年上演

こんにちは。どらくろです。

宮崎駿監督によるアニメーション映画『千と千尋の神隠し』(2001)が、初めて舞台化され、2022年に上演されることが決定しました。主人公の千尋を、今回が初舞台となる橋本環奈さんとドラマや舞台に加え声優や歌手としても活躍の場を広げる上白石萌音さんがダブルキャストで演じる。その他の出演者はまだ明らかにされていません。

興行収入316.8億円を記録し、第75回アカデミー賞の長編アニメーション賞を受賞した『千と千尋の神隠し』。翻案・演出を手掛けるのは、英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード。

上演となる2022年2月、3月の東京・帝国劇場を皮切りに、4月大阪、5月福岡、6月札幌、6月、7月名古屋での上演も決定

(C) 2001 Studio Ghibli・NDDTM

閲覧いただきありがとうございました。ブログのフォロー・Twitterのフォローよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました