『鬼滅の刃』初の原画展が東京・大阪で開催決定&チケットの抽選申込受付開始!

three paintings hanging in gallery アニメ
Photo by ¶Project Atlas on Pexels.com

こんにちは。どらくろです

『鬼滅の刃』初の原画展となる「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」が2021年10月26日(火)から12月12日(日)まで森アーツセンターギャラリーで開催されます。また、翌年2022年7月14日(木)より大阪でも開催を予定しています。

東京会場はチケットの抽選申込受付がスタート! チケットは全日日時指定、ローソンチケットでの販売となり、第1期(10月26日(火)~10月29日(金))&第2期(10月30日(土)~11月21日(日))を対象とした第一次抽選の申込受付を9月11日(土)正午から開始されます。

チケット | 『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展 (kimetsuten.com)

オリジナル商品

吾峠さんが描き下ろした「ウリ坊」シリーズは、炭治郎がウリ坊に扮した「うりじろう」、煉獄杏寿郎の「うりごく」、冨岡義勇の「うりおか」などが描かれています。

  • Tシャツ(3850円)
  • ポーチ(1980円)など
  • 「鬼滅の刃」の公式スピンオフ「キメツ学園」の名札バッジ(全15種、各770円)
  • 炭治郎が描かれた御朱印帳(2200円)など

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展 (kimetsuten.com)

「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」

会期:2021年10月26日(火)~12月12日(日)
会場:東京都 森アーツセンターギャラリー


会期:2022年7月14日(木)~9月4日(日) ※会期中無休。
会場:大阪府 グランフロント大阪

展覧会では作者・吾峠氏の想いの詰まった直筆原画を多数展示し、連載終了後も注目を集める作品の魅力、世界観を余すことなく伝えていく。展覧会コンセプトは「受け継ぐ」で、主人公・炭治郎たちが背負った宿命や試練、それを乗り越えようとする心の強さ。そして、物語を紡いだ全ての登場人物たちの想いを受け、未来へと語り継いでいく…作者の想いの詰まった『鬼滅の刃』直筆原画を堪能できる。

閲覧いただきありがとうございました。ブログのフォロー・Twitterのフォローよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました