4代目、反町隆史『相棒』今シーズンで卒業

ドラマ

こんにちは。どらくろです

俳優の水谷豊さん、反町隆史さんが出演するテレビ朝日系人気ドラマ 『相棒 season20』。7年を超える長い歴史を積み重ねてきた水谷演じる杉下右京と反町隆史演じる冠城亘が、現在放送中の『season20』ラストエピソードをもって、相棒としての2人にピリオドを打つことが発表されました。

2015年10月スタートの「season14」から右京の相棒となった亘。4代目相棒として7シーズン目に突入し、きょう24日放送の「season20」第7話をもって右京の相棒として歴代最多、125回という出演本数に到達。

法務省のキャリア官僚として初登場した亘。現場に興味があるという理由から、警視庁に出向を希望し、特命係に間借りしていた当初は、“同居人”として右京と接していた。しかし、さまざまな事件を通じて右京とかかわるうち、次第に興味を引かれ合う関係に。法務省を事実上クビになった「season15」では、警視庁広報課を経て、特命係に正式配属。その後、2人ならではの距離感を保ちつつ、深い絆で結ばれていった。そして、今シーズンの最終話で、亘は『相棒』から“卒業”することになる。

閲覧いただきありがとうございました。ブログのフォロー・Twitterのフォローよろしくお願いいたします

コメント

タイトルとURLをコピーしました