「あせとせっけん」TVドラマ化!佐藤寛太&大原優乃W主演

ドラマ

こんにちは。どらくろです

劇団EXILEの佐藤寛太と女優の大原優乃が、2月3日よりMBSドラマ特区枠で放送の「あせとせっけん」(毎週24:59~※初回・2話・3話は25:09~)でW主演を務めることが決定!

名取役は劇団EXILEの佐藤寛太麻子役は大原優乃に決定。監督は渋江修平と熊谷祐紀、脚本はモラル、井上テテ、池亀三太が務める。単行本1巻のカバーを再現したビジュアルも公開。

ドラマ特区「あせとせっけん」| MBS 毎日放送

あらすじ

主人公は、化粧品&バス用品メーカー『リリアドロップ』で働き、せっけんの商品開発プランナーを務める・名取香太郎と、同じ会社で経理部として働く、八重島麻子。職業柄、香りの嗅ぎ分けを得意とする究極の“においフェチ”香太郎は、ある日会社の廊下で、とっても気になる“におい”に出会う。

一方、重度の“汗っかき”の麻子は幼少期に「汗子」とからかわれた経験があり、においや汗がコンプレックス。人目をはばかるようにトイレでデオドラント製品を使うことが日課で、ある日、念入りににおいケアをし、廊下を歩いていると…突然、香太郎から“におい”を嗅がれ?「あなたのにおいにビビッときました」と言われた麻子は、突然の出来事に驚き、その場を立ち去ってまうが…。

その後も幾度となく香太郎は麻子の前に現れ、商品開発のプレゼンのために「これから1週間、毎日においを嗅がせてほしい」と懇願。麻子はその勢いに負け、協力することになったのだが、本当に毎日嗅がれるようになり…。

人望が厚く仕事もでき、誰からも愛される香太郎と、恋愛経験がほぼなく、地味なピュアOL・麻子。不釣り合いに見える2人が、“におい”で繋がり、嗅ぎ・嗅がれるうちに、不思議と惹かれていくようになり…?

麻子は、コンプレックスだと思っていた汗を愛してくれる香太郎と出会い、香太郎も本能的にピンとくる麻子に出会い…、とにかく誠実に愛を育んでいく2人に、前向きな気持ちになり、年齢問わず共感できるストーリー。

閲覧いただきありがとうございました。ブログのフォロー・Twitterのフォローよろしくお願いいたします

コメント

タイトルとURLをコピーしました