加藤浩次 肺炎で入院

こんにちは。どらくろです。今回は「加藤浩次さん」について話していこうと思います。

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次さんが肺炎で入院したことが13日、明らかになりました。所属している個人事務所「加藤世田谷本店株式会社」がこの日発表しました。

加藤さんは9日に37・5度の発熱があり、MCを務めている日本テレビ系「スッキリ」を欠席。個人事務所によると、9日夜に39度台の高熱になり、PCR検査を受けたが、10日の出た結果は陰性。しかし、その後も微熱が続いたため、12日の「スッキリ」出演も大事をとって欠席とのこと。

だが、9日に高熱が出ていたこともあり、12日に再度PCR検査を行った。再び陰性だったものの、肺炎の疑いがあるということで入院。現在は微熱、関節炎、食欲不振、懈怠(けだい)感の症状があり、1、2週間の入院の予定だという。

また、加藤さんの家族、周囲のスタッフら関係者で体調不良を訴える人はいないという。

スッキリの番組冒頭、 水卜麻美アナが「体調不良で先週の金曜日から『スッキリ』をお休みされている加藤浩次さんなんですけど、発熱が続いているということで昨日も再び新型コロナウイルスのPCR検査を受けました。結果は前回に続いて陰性だったんですが、肺炎の疑いがあるという診断を受けまして、入院して検査と治療を受けることになりました」と説明。「加藤さんはとにかく、まずはゆっくりしていただいて、体調が万全に回復するまで『スッキリ』をお休みいただいて治療に専念していただきたいと思っています。寂しいんですけど」と本音を交え伝えた。

MCの近藤春菜も容態を心配しつつ「とにもかくにもお大事にしていただき、本調子になったまた吠えていただきたいと思います」といたわった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました