メレンゲの気持ち終了へ

こんにちは。どらくろです。今回は「メレンゲの気持ち」について話していこうと思います。

1996年4月にスタートした日本テレビの土曜昼のトークバラエティー「メレンゲの気持ち」(土曜正午)が、来年3月に終了することが14日、分かりました。高視聴率で日テレの土曜日を支えた人気番組が、放送25年の節目で幕を閉じる。

メレンゲの気持ちはタレントの久本雅美さんが開始時から総合司会を務めるトーク番組。久本さんが熟練の話術でゲストの素顔を引き出すトークを展開し、お茶の間に笑顔を届けてきた。石塚英彦さんが街ブラしながらグルメを楽しむコーナー「通りの達人」も根強い人気を誇る。

番組の特徴は、久本のほか2人の女性MC3人で進行すること。このMCを数年ごとに入れ替え、司会業に縁がなかった多くの女優を起用し菅野美穂さんや三吉彩花さんらが新たな一面を見せたほか、11年には当時7歳の女優芦田愛菜さんを抜てき。「バラエティー番組の史上最年少MC」として話題。

在は久本雅美さん、いとうあさこさん、村上佳菜子さんの3人に加え、16年に初の男性MCとして加入した「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧さんが出演中。同局関係者は「形式を大きく変えずにここまで24年間やってこられた。数字が良いうちに終わるのも一つの手」と。

同局関係者は「節目の25年を前に、新鮮さを求めての決断。番組としての役目は十分に果たした」と説明し、「新たな番組に良い形でバトンを渡したい」とのこと

寂しいですね。。土曜はメレンゲの気持ちを見て過ごしました。久本雅美さんのトークも面白いですし、現在の4人でのトーク、チームワークがすきでした。見れなくなるのは残念ですけど、今までありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました