伊藤健太郎主演 舞台両国花錦闘士降板 代役で上演へ

こんにちは。どらくろです。今回は「伊藤健太郎さん」について話していこうと思います。

10月29日に道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で警視庁に逮捕され、翌30日に釈放された俳優の伊藤健太郎さんについて、12月5日から東京・明治座で上演される予定だった主演舞台「両国花錦闘士」を降板することが7日、分かりました。

同舞台の公式サイトで発表されました。  

HP全文は以下の通り

出演者降板のお知らせとお詫び

この度、『両国花錦闘士』に昇龍役として出演を予定しておりました伊藤健太郎は、諸般の事情により、降板する運びとなりました。出演を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけし深くお詫び申し上げます。

なお、公演は予定通り上演いたします。

代役やチケットの払い戻し対応につきましては、改めて公演公式サイト、公式Twitterにてご案内申し上げます。誠に恐縮ですが、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

出演者・スタッフ一同、より良い作品をお届けできるよう努めてまいりますので、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

https://www.ryogoku-oshare-rikishi.com/

舞台両国花錦闘士とは漫画家・岡野玲子氏の同名の相撲漫画を原作し、初舞台化する同作。汗と根性は少なめで、見目麗しく、ロマンスに彩られた力士たちを描写し、女人禁制の国技ともいわれるスポーツを乙女の視点でポップに一刀両断。力士や相撲道の神髄も描かれる。

公演は、12月5~23日まで東京・明治座、2021年1月5~13日まで大阪・新歌舞伎座で上演されます

コメント

タイトルとURLをコピーしました